宮の森十二軒緑地「小さな七夕の夕べ」が開催されました

小さなお子さんに人気!昔懐かしい「影絵」の上演

7月7日、七夕の日に、「小さな七夕の夕べ」が宮の森十二軒緑地で開催され、お子さんからお母さん、地域の方々が、約70名ほど集まりました。

19:00〜19:30「短冊と灯火の夕べ」

短冊に願い事を書きキャンドルに灯りを点します。

小さなお子さんが、思い思いの願い事を短冊に書きました
浴衣姿で記念撮影
たくさんの灯りが緑地の中に灯されました

19:30〜20:00「影絵」

昔懐かしい遊びの中に影絵があります。幼稚園や保育園でも人気の高い北海道の民話「エタシッペカムイ」を、影絵UNIT「ふくち組」の方々に上演していただきました。

すばらし影絵の世界に魅了させられました。
はしゃいでいた子どもたちも、お話が始まると集中して聞いていました。

20:00〜20:30「ちいさな音楽会」

成田ご夫妻(馬頭琴)と世古知巳さん(篠笛)の音色が、素敵な七夕の夕べを演出してくれました。

成田ご夫妻による「馬頭琴」の演奏
珍しいモンゴルの楽器「馬頭琴」に子どもたちも釘付けです
世古さんの篠笛が雰囲気を盛り上げます

約70名が参加しました

日時:7/7(水)
 19時00分から20時30分

会場:宮の森十二軒緑地
 (中央区宮の森2条8丁目4)

主催:
えがお倶楽部
地域こどもネットワーク「みんなの森」

協力:宮の森中央町内会


LinkIcon告知チラシ(PDF:758KB)