未来の映画監督になろう「森の動画づくり」

今年は「札幌彫刻美術館」を舞台に短編映画(ショートフィルム)を作りました

デジタル・ムービーワークショップ、未来の映画監督になろう「森の動画づくり」は、短編映画の作成を通して、子どもたちに必要な「映像で表現する力」「映像を読み解く力」を学習するものです。今年は、札幌彫刻美術館とその周辺を舞台に、地域の小中学校(三角山小、大倉山小、宮の森小、円山小、向陵中)から50名が参加し、短編映画(ショートフィルム)を作成しました。出来上がった作品は、地域のイベントや10月に札幌で開催される「第5回札幌国際短編映画祭」で上映を予定しています。多くの小中学生や地域の方に見ていただければと思います。

【1回目】映像を読み解く力を学習しよう!

6/13(日)9:00~12:00 場所:札幌市立宮の森小学校(視聴覚室)

 ・短編映画を観て感じた事を書いてみよう
 ・「みる」から「つくる」へ『モンタージュ』って何?
 ・映像の順番を変えるだけで、ストーリーが変わってしまう
 ・フレームの中に何を入れる?
 ・どうしたら伝わりやすいのか、アクションをつないでいこう

カメラのアングルや映像の組み合わせで、伝わる内容が変化することを学習しました。
短編映画を観て感じた事を発表しあいました。
フレームの中と外あるものを意識してのぞいてみました。
自分だったらどんな絵を切り取るか、考えています。
みんなでストーリーを考え、絵コンテを作成しました。
色々な学校のお友達が8つのチームに分かれて短編映画を作成します。

【2回目】デジタルビデオカメラで撮影しよう!

6/26(土)9:00~15:00 場所: 札幌彫刻美術館

 ・プロから教わるビデオカメラの使い方
 ・美術館周辺の自然や美術館の素敵な所をたくさん撮影しよう

札幌彫刻美術館の佐藤館長からごあいさつをいただきました。
去年作成された「森の動画づくり」の作品を見ました。
札幌国際短編映画祭の久保さんからカメラの使い方を教わりました。
チームごとに撮影が行われました。
札幌彫刻美術館の周りは良いロケーションがいっぱいです。

【3回目】短編映画作品を編集しよう!

6/27(日)13:00~17:00 場所: 札幌彫刻美術館

 ・編集の考え方、編集のコツを教わろう
 ・編集してみよう
 ・作品に自分たちの名前を入れよう
 ・どこが良いところか、どこを直せば良くなるかみんなで考えてみよう
 ・出来上がったみんなの映画を見てみよう

ちょっとセリフの声が小さかったかな。
たくさん撮った映像を短くするのが大変です。
中学生は黙々と作業しています。
出来上がった短編映画作品を全員で鑑賞しました。
お友達の作品を見て、良かったところ、工夫しているところ、まねできそうなところを書きました。
出来上がった作品は、地域のイベントでや「札幌国際短編映画祭」でも上映されます。

主催

 地域こどもネットワーク「みんなの森」
 SAPPOROショートフェスト実行委員会

協力

 札幌彫刻美術館、宮の森まちづくりセンター
 宮の森大倉山連合町内会
 アップルコンピュータ(株)
 パナソニック(株)
 ワークショップスタジオDU-Sapporo
 インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)

未来の映画監督になろう
「森の動画づくり」

短編映画(ショートフィルム)づくり

1回目:映像の学習
 ● 開催日:6月13日(日)
 ● 開催場所:札幌市立宮の森小学校
 ● 参加人数:42人

2回目:映像の撮影
 ● 開催日:6月26日(土)
 ● 開催場所:札幌彫刻美術館
 ● 参加人数:50人

回目:映像の編集
 ● 開催日:6月27日(日)
 ● 開催場所:札幌彫刻美術館
 ● 参加人数:42人

札幌彫刻美術館

札幌彫刻美術館のホームページ

関連リンクLinkIcon

第5回札幌国際短編映画祭

札幌国際短編映画祭のホームページ

関連リンクLinkIcon