「宮の森音楽祭」in 彫刻美術館が開催されました

本郷新の作品とともに素敵な音色が美術館の空間に響き渡りました

 今回は、宮の森の静かな住宅街の中にある「本郷新記念札幌彫刻美術館」がそのステージとなります。札幌出身の彫刻家、本郷新の素晴らしい作品とともに、ヴァイオリンとチェンバロの音色が、緑豊かな美術館の静かな空間に響き渡ります。

宮の森音楽祭とは

 「宮の森音楽祭」は、子どもたちが身近なな場所で音楽と触れ合う機会を持つこと、音楽を通じ地域の方々と交流を深めることを目的として、開催されています。10月16日(土)には内容を変えて「宮の森小学校体育館」で開催します。

出演者

「スズキ・メソード・ヴァイオリン教室」のお子さんたち




ヴァイオリン、マンドリン、チェンバロのアンサンブル



「札幌大谷大学バロック音楽研究会」のみなさん






入場料

小中学生 無料
大人 500円
身体障害者および65歳以上 250円 

※入館料も含んでおります。尚、お席は100席ほど用意いたしますが、場合により立ち見になる場合もございます。ご了承ください。

日時:9/5(土)
 14時開演(12:00受付開始)

会場:札幌彫刻美術館
 (札幌市中央区宮の森4条12丁目)

主催:宮の森音楽祭実行委員会

協力:本郷新記念札幌彫刻美術館
    宮の森大倉山連合町内会
    宮の森まちづくりセンター
    地域こどもネットワーク
    「みんなの森」

お問い合わせ:
宮の森まちづくりセンター
TEL:011-644−8760