「宮の森音楽祭2010」が開催されました



 「宮の森音楽祭2010」が、10月16日(土)宮の森小学校の体育館で開催され、子どもたちをはじめ、保護者、地域の方たちが大勢集まりました。

●音楽会のはじまり
「宮の森音楽祭」は、もともと「宮の森音楽会」として、子ども達が身近な場所で音楽と触れ合う機会を持つこと、音楽を通して地域の方々と交流を深めることを目的として開催してまいりました。

昨年より、単なるプロフェッショナルな演奏のみならず、地域在住の方々による様々な舞台芸術の発表、参加、交流の場になればと考え、名称を「宮の森音楽祭」と改めました。
これまで小学校PTAが中心に運営してまいりました実行委員会も学外に設立し、まちづくりセンターや地域の皆様、学校の先生にもご参加いただき、様々なアイディアを持ち寄り本日の音楽祭の開催となり、通算で9回目を迎える事となりました。

●プログラム
宮の森小学校スクールバンドの演奏からはじまり、道内各地でご活躍されていらっしゃいます「桜の会」の皆様のお箏のアンサンブルに加えまして、尺八の皆さんとの共演も実現していただきました。

第二部では、「宮の森音楽祭」初めての声楽のゲスト、平野則子さんに素敵な歌声をご披露いただき、迫力ある歌声を身近で感じる事ができました。平野さんは、現在地元円山にお住まいで、なんと「円山小」「向陵中」のご出身です。最近は、札幌コンサートホールKitaraで、「プッチーニのオペラ」の主役を務められるなど、道内各地でご活躍されていらっしゃいます。

ピアノ伴奏は、宮の森小学校のPTA会長で、この宮の森音楽祭実行委員会委員長を務めてらっしゃいます、岡本孝慈さんに演奏していただきました。

宮の森大倉山防災フェスティバル

日時:11/16(土)

会場:札幌市立宮の森小学校体育館

主催:宮の森音楽祭実行委員会

協力:
 札幌市立宮の森小学校父母と先生の会
 宮の森大倉山連合町内会
 宮の森まちづくりセンター
 地域こどもネットワーク「みんなの森」

後援:
 (株)エルム楽器
 三響楽器(株)